窓・日本経済新聞(2018年1月25日) | 高野山の納骨と永代供養 持明院「はすの会」公式ホームページ

持明院「はすの会」高野山の納骨と永代供養墓

  • 観光のご案内
  • 交通のご案内
  • はすの会会員の方
お知らせ・ニュース
トップページ / お知らせ・ニュース一覧

窓・日本経済新聞(2018年1月25日)

窓・日経新聞(2018年1月25日)

◎雪が積もり、厳しく冷え込んだ和歌山県高野町の高野山で24日、冬の風物詩「報恩托鉢寒行」が行われ、僧侶ら約150人が浮財を求めて家々を回った。

窓・日経新聞(2018年1月25日)

◎高野山専修学院の修行僧、高野山高校宗教科の生徒らも参加。雪で真っ白な金剛峯寺前庭、網代笠に黒い法衣装で整列し、読経とあいさつの後、数人ずつに分かれて町中へ入った。

◎玄関先で読経し無病息災を祈願。浄財を受け取ると、代わりにお守り札を手渡した。午前中に千軒以上を訪問、集まった浄財約108万円は高齢者介護や震災復興など社会福祉活動に使われる。



ページトップ