笑いで発散崑さん語る | 高野山の納骨と永代供養 持明院「はすの会」公式ホームページ

持明院「はすの会」高野山の納骨と永代供養墓

  • 観光のご案内
  • 交通のご案内
  • はすの会会員の方
お知らせ・ニュース
トップページ / お知らせ・ニュース一覧

笑いで発散崑さん語る

笑いで発散
(2016年8月8日:毎日新聞)

800人に修了証書

高野山夏季大学

大村崑

和歌山県高野町で開かれていた第92回高野山夏期大学(毎日新聞社、総本山金剛峯寺主催)は最終日の7日、喜劇俳優の大村崑(こん)さんと高野山真言宗教学部長の小籔(やぶ)実英さんが講演し、3日間の日程を終えた。約800人の受講者には修了証書が手渡された。

大村さんは笑いと健康についてユーモアたっぷりに講演=写真・北田研索さん撮影。「84歳の大村崑を近くでよく見てください。本当に若いでしょう」と笑いを誘った。ストレス発散の秘訣(ひけつ)として笑うこと、ショッピング、そしてうわさ話」を挙「げ、「『私は誰にも負けないくらい元気で長生きすると自分に暗示をかけることも大事」とアドバイスした。

小籔さんは「密教的な生き方」を伝授。密教で重視される曼荼羅(まんだら)は「この世に無駄なものは何一つない」と教えているとし、「苦しみや悲しみも、白分を強く、優しくしてくれる」と話した。
【花澤茂入】



ページトップ