持明院「はすの会」高野山の納骨と永代供養墓

  • 観光のご案内
  • 交通のご案内
  • はすの会会員の方
会社概要
トップページ > 会社概要

  • 会社概要
  • スタッフ紹介

会社概要

社名 株式会社高野山寺月会
こうやさんじげつかい
Koyasan Jigetsukai Inc.
所在地

梅田事務局(本社)
〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田1-3-1 大阪駅前第一ビル9F
電話:06-6348-0530
FAX:06-6348-0170

高野山事務局
〒648-0283
和歌山県伊都郡高野町高野山455 別格本山持明院内・はすの会会館
電話:0736-56-3930
FAX:0736-56-3585

事業 「はすの会※」会員の募集と管理(総代理店・会員の募集にあたってはいくつかの代理店様にもお願いしておりますのでその代理店様の管理と指導も行っております
※ 別格本山持明院・永代供養墓会員を指す
設立 平成5年12月15日
資本金 1000万円
代表 上善 嘗二
協力販売代理店 下記はあくまでも持明院の永代供養を広めることをご協力いただいている代理店です。持明院より永代供養に関するすべての管理・サポートの委託を受けているのは「はすの会(弊社)」のみです。ご混同ないようお願いいたします。

  • ・ 永代供養墓普及会
  • ・ いいお墓(鎌倉新書)
  • ・ 全国永代供養墓ポータル( 永代供養推進協会)
  • ・ 全優石(京石/共石メモリアルネットワーク)
  • ・ など

スタッフ紹介

私どもが皆様のお手伝いをさせていただいております。
担当スタッフ一同 集合写真
画像のクリックで拡大します。

上善 嘗二

上善 嘗二(じょうぜん しょうじ)

生年
昭和10年(1935年)
学歴
関西学院大学
趣味
旅行、読書


「三屋清左衛門残日録」(藤沢周平著)の中に”日残りて昏るゝに未だ遠し”ということばが、いまの私の状態をよくあらわしています。古稀を過ぎてのお勤めです。
日々心から感謝を申し上げ、「はすの会」のお手伝いを精一杯させていただきます。

池端 早苗

池端 早苗(いけはた さなえ)

生年
昭和25年(1950年)
学歴
駒澤大学
趣味
旅行、映画鑑賞


終活を真剣に考える年回りなり高野山開創千二百年の時に人生第二の勤めを『はすの会』でスタートすることになりました。ある方が言った『人生の節目で結ぶ縁は、一生の宝だ』と正に高野山と別格本山持明院は“縁”の宝です。
人への思いやりと感謝を忘れずに会員の皆様に寄り添い、そして、これから考えてみたい皆様へ少しでもお役に立ったことが出来る様『生涯一書生』の心掛けで精一杯精進して参りたいと思います。

浜田 雅道

浜田 雅道(はまだ まさみち)

生年
昭和40年(1965年)
学歴
大阪府立大学
趣味
天体観測、アマチュア無線(一級JM3IHX)、テレビゲーム、アニメ


平成27年(2015年)1月に脳梗塞で入院して半年ほど休ませていただきました。片マヒ身体障害者となって、今でも左腕は万歳が出来ず、左手の指はうまく動かず左手でじゃんけんが出来ません。幸い右側は問題なかったのですが、10年前からボランティアで参加していた(NPO)日本障害者ゴルフ協会(ここのホームページは私が作成しました)の方々からいろいろアドバイスをもらえて日常生活へ比較的早く復帰しているところです。時々仕事で高野山に上がるときには、仏舎利の中でお釈迦様と奥の院でお大師様に手を合わせております。
聖地と呼ばれる高野山で一日を過ごすと、何か元気を分けてもらえたような気分になります。(パワースポット効果?)
普段の仕事は主に梅田事務局で、パソコンで会員様への法要のご案内などを作成しております。
ぜひ皆様も遊びに来てください。

前田 昭博

前田 昭博(まえだ あきひろ)

生年
昭和45年(1970年)
学歴
高野山大学
趣味
読書、映画鑑賞


縁あって大学を卒業すると同時にこの仕事に携わるようになりましたが、大学生活から数えて高野山には20年以上お世話になっております。
その間、多くの方と出会い多くのことを学ばせて頂きましたが、不思議なことに高野山の中にいると自分でも心が穏やかになるのが感じられます。
まだまだ未熟者ですがこれからもがんばっていきますのでよろしくお願い致します。

益田 裕介

増田 裕介(ますだ ゆうすけ)

生年
平成6年(1994年)
学歴
和歌山県紀ノ川高校
趣味
スポーツ(野球)、映画鑑賞


平成27年(2015年)春から入社しました。ここでは弘法大師という偉大な先人の教えに触れる機会が得られるようになりました。最も身近な先人である上司やお寺の方々からも、たくさんのことを学ばせて頂いております。もちろんお客様からもで、こちらから何をお話してよいかわからないときなどいろいろ教えて頂けて感謝しております。
まだまだ勉強が必要なことを痛感しております。

ページトップ